B型ベビーカーはいつから使える?おすすめのベビーカーは?

子育て世代の皆さん、ベビーカー選びはどうしていますか?

  • B型ベビーカーをいつから使っていいか、わからない
  • ベビーカーってたくさん種類があって、何を選んだらいいかよくわからない

という悩みを持っている方も、多いのではないでしょうか?

たしかに、いろんな種類があるから選ぶのって本当に難しいですよね。

特に、月齢によって使えるものと使えないものがあるため、

「形が気に入って買ったのに、我が子にはまだ使えない!」

なんてことを、経験したこと有りませんか?

ベビーカーには、A型とB 型と形の違いが有り、それぞれで使える月齢が異なります。

今回は、特に悩まれるB型ベビーカーはいつから使えるのか、そしておすすめベビーカーはどれなのか?

という疑問を、私の経験から紹介していきますね。

ベビーカーA型とB型の違いは?

そもそもA型とB型って、何が違うのでしょうか?

私も初めて聞いた時は、正直なんのことだかわかりませんでした。

そこでまずは、A型とB型のベビーカーの違いについて、少し確認してみましょう。

A型ベビーカー

引用:amazon

  • 生後1ヶ月から最長で48ヶ月まで使用できる
  • リクライニング機能があり、最も倒した状態で150°以上背もたれがたおれる
  • 安全性に優れていて、赤ちゃんをしっかり守ってくれる構造になっている
  • 対面・背面、どちらでも使えるようになっているものが多い
  • サイズが比較的大きく、重量も重いものが多い
  • 値段が、比較的高い

B型ベビーカー

引用:amazon

  • 生後7ヶ月から最長で48ヶ月まで使用できる
  • リクライニング機能はないものが多い
  • A型ベビーカー比べ、重量が軽い
  • 価格が比較的安い
  • 乗り心地があまり良くない

この2種類の大きな違いは、生後まもなく使えるか使えないかなんですよ。

B型ベビーカー購入でお悩みの皆さん、形が気に入ってしかも軽くて持ち運びがしやすいからって、7ヶ月未満のお子さんのために、B型を購入しても使えないので要注意ですよ。

7ヶ月未満の子どもを、B型ベビーカーに乗せるとどうなる?

 

まずは、なぜ生後7ヶ月以降としているご存じですか?

それは、赤ちゃんがおよそ生後7ヶ月を迎えると、首や腰がすわってきて、お座りができるようになってくるからなんですよ。

先程少し説明しましたが、B型ベビーカーはリクライニングしないものがほとんどで、お座りのできないお子さんを無理に座らせてしまうと、こんな悪影響が出てしまいます。

  • 体への負担がとても大きい
  • 発達に大きな悪影響がでる可能性がある

赤ちゃんが座っていられているからと言って、無理に座らせているのは大変危険なのでやめましょうね。

幸子
我が家は、首がすわるまでの間のお出かけは、抱っこひもで抱っこが多かったかな。

こんなご家庭も、多いのではないでしょうか?

実際ベビーカーを購入する際、どのように購入しているのでしょうか?

ベビーカー購入するとき、どうしてる?

 

  • A型を買って、ずっと使い続ける
  • A型を買って、首腰がすわったらB型買う
  • A型は買わずに、B型を買う
幸子
実際、私はA型もB型も両方買ったけど、A型はほとんど使うことがなかったんですよ。

先程も少し触れましたが、我が家では首腰がすわるまでの間のお出かけは、抱っこひもで抱っこが多かったので、結果的にA型は買いましたけどほとんど使いませんでした。

なぜA型はあまり使わなかった?
  • 大きさが大きく、場所をとってしまう
  • 重いため、持ち運ぶのが大変

たったそれだけ?

と思われるかもしれませんが、この2つの理由って子育てには、かなり大きな問題なんですよ。

新生児とお出かけって、それだけで荷物がとても多くなってしまうので、もし赤ちゃんが途中でベビーカーがいやで泣き出したら、抱っこをしますよね?

そうすると大きくて、重いベビーカーが邪魔に感じてしまったんです。

幸子
それから、お出かけするときはベビーカー自体持っていかなくなっちゃったんですよね。

「なんでまたB型のベビーカーを購入したの?」

と思われる方もいますよね?

B型ベビーカー購入の決め手は?

なぜ、私がまたベビーカーを買おうと思ったかというと・・・

B型ベビーカー決め手は?
  • 子供の体重増加で、抱っこが大変になってきた
  • 少しずつ子どもも動くようになり、抱っこを嫌がることが増えた
  • 少し遠出するようになり、デパートなどではベビーカーの方が楽

こんな悩みが出てきました。

しかし、我が家にはA型のベビーカーしかありません。

そんなときにB型ベビーカーの存在を知り、ここまで説明した内容を調べた結果、購入することとしたわけです。

B型ベビーカーを買ってよかったこと

幸子
実際、B型ベビーカーを購入してみて、良かったことを紹介しますね。
B型ベビーカーを買ってよかったこと
  • 価格が安い
  • 車体が軽いため、持ち運びが楽
  • 比較的コンパクトだから、軽自動車にも載せられる
  • 2歳位になると、一人で乗り降りできる
  • 意外と小回りがきき、混雑しているところでも使いやすい

私が、実際に使用してみてよかった点は以上のことです。

幸子
以前使っていた、A型ベビーカーは夫の乗用車なら良かったけど。

軽自動車に載せると場所をとっちゃって・・・

以前A型ベビーカーを使っていたときは、こんなことばかりであまり使わなくなってしまいましたが。

軽量かつコンパクトなため、私一人でも車への出し入れが苦にならなくなった点は、ほんとに良かったと思ってます。

普段軽自動車に乗っているのですが、軽自動車のトランクにいれても全く問題なかったんですよ。

幸子
購入の際、お店に見に行ったときに感じた、おすすめのB型ベビーカーを少し紹介しますね。

おすすめB型ベビーカーはこれだ!

 

アイリスオーヤマ アルミバギー

引用:amazon

重量(kg) 3.8
折りたたみ後 幅(cm) 44
折りたたみ後 奥行き(cm) 66
折りたたみ後 高さ(cm) 97

このベビーカーの良いところは、本体がなんと4,780円とお手頃!

持ち運ぶのにとても便利なのはもちろん、こんな便利機能も持ち合わせていますよ。

  • 大きな車輪で走行に安定感がある
  • 指ハサミ防止を考慮した設計
  • 日除け幌に、のぞき窓
  • 安心の5点ロックシートベルト
  • 折りたたみが足で簡単にできる

などなど、とても便利な上お値段もお手頃なので、予算を少しでも抑えたい方は候補に入れてみても、いいと思いますよ。

アップリカ マジカルエアー

引用:amazon

重量(kg) 2.9
折りたたみ後 幅(cm) 44
折りたたみ後 奥行き(cm) 31.5
折りたたみ後 高さ(cm) 89.5

こちらのベビーカーは、何と言っても軽量かつコンパクト。

しかも、軽量なのにA型ベビーカー顔負けの機能も充実していますよ。

  • フロントガード
  • サンシェードメッシュ
  • 広々シート
  • 3Dサスペンションでスムーズな走行
  • 座席下に広々収納

値段が23,000円と少々高めですが、その値段も納得の機能とスタイリングですよ!

「せっかく買うのだから多少高くても、後悔したくない!」

そんな方には、間違いなくおすすめのベビーカーですよ。

まとめ

 

  • A型ベビーカーは生後1ヶ月から
  • B型ベビーカーは生後7ヶ月から
  • B型ベビーカーに7ヶ月未満で無理やり乗せると、体への負担が大きい
  • A型ベビーカーは、大きくて重い
  • B型ベビーカーは、軽くて持ち運びに便利
  • おすすめB型ベビーカーは?
  1. アイリスオオヤマ アルミバギー
  2. アップリカ マジカルエアー

 

子育てにはなくてはならない、アイテムの一つでもあるベビーカー。

自分のお子さんの月齢にあったベビーカーを、選びましょうね。

きっと、納得の1台が見つかりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です