子ども向けのかわいいフェイスシールドは?効果も解説!

2020年6月現在

「コロナはいつになったら収束するかな・・・」

「いつも通りの生活はできるようになるのかしら?」

ママ友と連絡を取れば必ずこんな話をしています。

早く収束して欲しいですが、こればかりは分かりませんね…。

ママ友の中で悩みの中心になったのはマスクの着用に関してです。

「子どもにマスクの正しい着け方を教えても、気づいたら鼻が出てる」

「マスクを着ける習慣が無かったから、嫌がる」

「遊び始めると夢中になっていつの間にかマスクを取ってしまうことも…」

「これから暑い中マスクを着けさせるのが心配」

と、さまざまな声を聞きました。

今は「with コロナ時代」です。

少なくとも安心して外に出られるまでは、新型コロナウイルスと“共に生きる”ことが必要になってくると言うわけですね。

最近、だんだん暑さが増してきたのでマスク着用時の熱中症も懸念されています。

今回は、こんな状況の中にあって少しでも子どもたちに快適に過ごしてもらうために役立つアイテムをご紹介したいと思います。

それはフェイスシールドです。

フェイスシールドの効果性は?

 

まずは、フェイスシールドにはどんな効果があるのでしょうか?

フェイスシールドは顔全体を覆い、主に目の粘膜にウイルスが入り込むことなどを防ぐために用いられているようです。

新型コロナウイルスは主に「飛沫感染によって伝染する」と言われています。

くしゃみや咳の飛沫はl~2m飛ぶと言われています。

いつの間にかウイルスを吸い込んでしまったり、粘膜から入り込んでしまう危険があるそうです。

それで、フェイスシールドを用いて飛沫を避ける事は効果的のようです。

フェイスシールドを使う時の注意点

 

着けているだけで安心という訳にはいきません。

注意点もあるみたいです。

  • ウイルスが付着するおそれのある外側の表面を触らない
  • 人混みに行く場合はマスクを併用するほうが効果的に予防できる
  • 顔全体を覆うことのできるサイズを選ぶ

マスク着用時と同様に子どもには手洗いの徹底は忘れないように子どもに注意喚起しながら、フェイスシールドを上手に活用することができます。

では、子どもが少しでも抵抗なく「使いたい!」と思ってくれるようなかわいいフェイスシールドを幾つかご紹介します。

かわいいフェイスシールドの紹介

ハットタイプ

対象年齢:0-6歳

軽量で、メッシュなので通気性も良く爽やかな印象の帽子タイプ

顎ひもで調節すれば子どもの頭にフィットします。

0歳から使えるサイズ展開なのでぴったりのものが見つかります。

フェイスシールド部分は取り外しが可能なので帽子だけでも使えます。

フルフェイスで顔全体が覆われているため、飛沫から効果的に保護してくれます。

色や形も幾つか種類があって選べるのも良いですね!


サイズ:45× 45× 10cm

色:イエロー・ピンク・オレンジ・ベージュ

こちらも軽量で、メッシュ部分があるので通気性も問題なく、暑い日にも快適に被ることができます。

うさぎの耳のような形がとてもかわいいです。

その形は子どもの心をがっちり掴んでくれますよね。

キャップタイプ

対象年齢:3~7歳

サイズ:フリー    帽囲50-53

色:イエロー・ブルー・ブラック・ホワイト

フェイスシールドはボタンで装着することができます。

子どもが自分でも簡単に取り外せますね。

一般的なタイプ


サイズ:17×25

色:ブルー・ピンク

こちらはよく見かける一般的なフェイスシールドです。

室内で使う場合は帽子タイプではなくこちらの方が使いやすいですね。

このタイプはほとんどシンプルな作りになっていました。

裏にスポンジが付いているので、長時間着けても痛くなりにくいようです。

視界もクリアなので、幼稚園でお絵かきなど机に向かっている時にも快適に使うことができます。

実際はどうなのか気になりますよね・・・

フェイスシールドを使っているママ友に感想を聞いてみました!

「帽子に付いているタイプを使っています。

子どもたちもマスクをするよりは、フェイスシールドをするほうが抵抗がないようです。

かわいい商品がたくさんあったので悩みました。

買う時に気を付けたいのは、顔全体を覆えるサイズかどうか確認するといいですよ。

お店に入る時は、念のためマスクと併用して使っています。

使い始めた時は少し戸惑っていましたが、あっという問に慣れてくれました。

子どもって柔軟性がありますよね。

と語ってくれました。

やはり、かわいい物を選ぶと良さそうですね。

まとめ

 

  • フェイスシールドはマスクの息苦しさなどの不快感を軽減できる
  • 眼の結膜からの感染を防ぐことができる
  • フェイスシールドは洗ったり、消毒したりして繰り返し使用が可能

 

最後に…

マスク、フェイスシールドを使ったとしても、それだけで感染を防ぐことは困難です。

  • 外では他者との距離を1m以上あけること
  • 3密の環境を避けること
  • こまめに(特に帰宅時はすぐに)手をきれいにすること

といった効果的な対策した上で

マスクやフェイスシールドを組み合わせることが重要です。

ぜひ今すでに実践している予防策に加えて、フェイスシールドを取り入れてみるのはいかがでしょうか?

コロナウイルスで大変な時を少しでも安全に、そして快適に過ごしていけるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です