子どもがファーストシューズを嫌がる!その理由とは?

皆さんは、ファーストシューズをご存じですか?

赤ちゃんが初めて履く靴のことで、海外では、そのファーストシューズを玄関に飾っておくと良いことがある、と言われているほど、記念になるものです。

このように、子どもの大切な成長の記録であるファーストシューズ。

できれば、すんなりと履いてほしいものですよね。

ですが実際には

「子どもがファーストシューズを嫌がる!履いてくれない!」

「ファーストシューズを履かせてみたらギャン泣き!」

という悩みを抱えている方も多いようです。

ということで今回は

  • 子どもがファーストシューズを嫌がる理由
  • ファーストシューズを嫌がる時の対処法

こちらについてご紹介します。

ファーストシューズを嫌がる!子どもの行動とは?

「せっかくファーストシューズを買ってみたのに全然履いてくれない…」

このような悩みを抱える方は意外と多いのではないでしょうか。

世のママやパパによると、ファーストシューズを履かせた際、以下のような行動を取る子どもが多いようです。

子どもの行動
  • 家の中では楽しそうに歩いていたのに靴を履かせた瞬間ギャン泣き!
  • 靴を無理やり脱ごうとする、脱げば泣き止む
  • 靴は履くものの、その場に座り込んで動かなくなる
  • 靴を履かせた途端身体をジタバタさせて暴れる

あまりにも暴れるので

「なぜ我が子だけ…」

と思ってしまうかもしれませんが、初めて靴を履いたほとんどの赤ちゃんが、ファーストシューズに嫌悪感を示すそうですよ。

いきなり楽しそうに歩き出すのは、ごくごく稀なんですね。

そう考えると少し安心するね。
幸子
きっと子どもなりに理由があるのでしょうね。

子どもがファーストシューズを嫌がる理由とは?

嫌がる子どもを見ていると

「理由を分かってあげたいな」

このように思うママやパパも多いと思います。

ということでここからは、子どもがファーストシューズを嫌がる理由として考えられるものを紹介していきます。

未知の体験に困惑している

そもそも、今まで裸足で歩いていたところをいきなり靴で覆われるのですから、子どもにとってはかなり衝撃的な出来事だということに間違いありません。

自由に動かせていた足が固定されるような感覚を覚え、怖がっているとも考えられます。

言葉を喋ることができない子どもは、泣くことでその不安な気持ちをママやパパに伝えているのですね。

幸子
そう考えると無理やり履かせるのもよくないのかも・・・

ファーストシューズデビューが早すぎる

もしかすると、靴を履かせて歩くのがまだちょっと早かったのかもしれません。

個人差はありますが、ファーストシューズデビューの目安は

目安
  • よちよち歩きに慣れ、外でも歩けそうだなと思った頃
  • 10歩くらい歩けるようになった頃
  • 1歳ごろになったら

このような項目があげられています。

もちろん、早めに歩き始める子も居れば、2歳頃になってから歩き始める子も居るため、年齢だけで判断するのは難しいと言えるでしょう。

幸子
我が子の歩き具合をしっかりと見定めることが必要ですね。

ファーストシューズが合っていない

重たすぎたり、サイズが違っていたり、そもそものファーストシューズ自体が、子どもに合っていない、ということも考えられます。

いきなり重たい靴やブカブカの靴が身にまとわりつくと、子どもが困惑するのも無理はありません。

重さはなるべく軽いものを選びましょう。

また、ファーストシューズのサイズの目安は、約11cm~13cmとなっています。

もちろん個人差はあるので、フィットするファーストシューズを選ぶためにも、しっかりと店頭で測ってもらうようにしましょう。

補足
歩き方がうつってしまう可能性もあるので、おさがりは避けたほうがよさそうです。

子どもがファーストシューズを嫌がる時の対処法

では、子どもがファーストシューズを嫌がる時はどうしたらいいのでしょうか?

もちろん無理やり履かせるのはよくないですが、やっぱり履いてくれると嬉しいですよね。

少し工夫をしてみると、子どもも受け入れてくれるかもしれませんよ。

まずは室内で履かせる

いきなり外でファーストシューズを履かせるのではなく、まずは、いつも生活をしている室内で「靴を履く」ということに慣れてもらいましょう!

ママやパパも、危険が多い屋外より、室内の方が目が届きやすいかもしれません。

サイズが合っているかどうかも、室内の方がじっくりと見ることができますね。

その後慣れてきたら、徐々に屋外で歩かせてみても良いと思います。

ファーストシューズで遊ばせる

履くのを嫌がる子どもには、ファーストシューズを遊び道具として渡してみましょう。

もしかしたら嫌がる子どもの心の中は、「靴は足の自由を奪う怖いものなんだ」という気持ちでいっぱいなのかもしれません。

そんな時は、以下のようなアイデアで、ファーストシューズを遊びに取り入れていくといいと思います。

アイデア
  • ぬいぐるみに靴を履かせてみる
  • マジックテープで遊ばせてみる
  • おもちゃ箱の中に入れてみる
  • 歌をうたいながら履かせてみる
  • ママやパパが楽しんで靴を履くところを見せる
幸子
少しでも靴にポジティブなイメージを持ってもらえると良いですね。

褒める

もし、子どもが上手くファーストシューズを履くことができたら、思いっきり褒めてあげましょう。

なるべくプラスの言葉で優しく声掛けをすることで、子どもにも楽しい雰囲気を与えることができますね。

言葉の意味は分からなくても、ママやパパが嬉しそうにしている様子はきっと子どもにも伝わります。

とにかく、不安や恐怖と言った気持ちが少しでも軽くなるようにサポートしてあげましょう。

子どもがファーストシューズを嫌がる!その理由とは? まとめ

以上、子どもがファーストシューズを嫌がる理由と、その対処法についてご紹介しました。

  • ほとんどの赤ちゃんが、ファーストシューズを嫌がってしまう
  • 慣れない靴に困惑して泣いてしまう
  • ファーストシューズは、必ずサイズが合うものを購入する
  • ファーストシューズを嫌がる場合、まずは室内で履かせたり、遊びに取り入れてみる

 

子どもが初めて歩いた瞬間というのは、ママやパパにとってかけがえのない瞬間です。

ファーストシューズは思い出のものでもあり、今後正しい歩き方を身に着けるために、とても重要な役割を担うものでもあります。

嫌がらずに履いてもらうために、ママやパパがしっかりとサポートしてあげることが大切です。

幸子
まずは靴への恐怖心を軽くするところからですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です