赤ちゃんの後追いはいつから?うちの子しないけど大丈夫?先輩ママの声

ずりばいやハイハイを覚え、自分で移動できるようになった赤ちゃんは、ママへの後追いをし始めます。

泣きながら必死にママのことを追いかける姿は

「ママのことが大好きなのね」

「我が子に求められてる!」

と嬉しい反面、ちょっと離れただけで泣いてしまいママは気が抜けません。

幸子
人見知りや場所見知りも重なって、目が離せない時期なので大変ですよね。

でも中には

「うちの子、後追いをしなくて心配・・・」

「健診で後追いしないことを指摘されてしまった」

と悩むママ達もいるようです。

後追いする子としない子がいるのはなぜなのでしょうか?

今回の記事では、後追いをしない赤ちゃんについてまとめました。

参考にしてくださいね。

赤ちゃんの後追いについて

後追いとは?

後追いは、赤ちゃんの視界からママの姿が見えなくなることで、心配になって泣いたり後を追いかけてくる行動です。

抱っこからおろしたり、ママがトイレに行くだけでこの世の終わりのように泣く子もいて、付き合うママは頭が痛い時期ですよね。

後追いはいつからいつまで?

個人差がありますが、6~7か月頃から少しずつ後追いを始める子が多いようです。

この頃の赤ちゃんはだんだんと視力が上がり、ママとその他の人の区別がつくようになります。

その為、同じ時期に人見知りが激しくなる子も

これはママを特別な存在だと認識しているからで、しっかりと愛着関係が築けている証拠です。

後追いのピークは9~11か月で、その後徐々に落ち着いていき、2歳前には自然に終わることがほとんどだと言われています。

ママの姿が見えなくても

”近くにいる”

”すぐ戻ってくる”

と、わかるようになると後追いも減ってきます。

また、ママの言っていることがわかるようになるのも、後追いが落ち着く要因です。

幸子
私の子も、気付いたらいつの間にか収まっていました。

当時はあんなに頭を悩ませていたのに、終わってしまえばあっけなくて今では懐かしいです。

後追いする子としない子の差は?

この時期の赤ちゃんの発達は個人差が大きく、後追いをしない子もいます。

する子としない子の差は、家庭環境や赤ちゃんの性格による所が大きいと言われています。

例えば、家族や兄弟が常にいてママ以外とも愛着形成できる環境だと、ママへの執着が薄かったりします。

のんびりやな性格の赤ちゃんだったら、ママがいないことに気付く前にママが戻ってきたりして、泣く隙もありませんよね。

また、激しく泣いて追いかけるばかりが後追いではありません。

  • ママのことを目で追う
  • 手を伸ばしてくる
  • ママの声に反応する

など、ママを意識している行動がないか見守ってみましょう。

幸子
ママ友にも話を聞いたら、後追いしない子は一定数いました

自宅では平気でも、おでかけ先では追いかけてくる子など、色んな現れ方があるようです。

後追いしなかった子、先輩ママの体験談

自分の子が後追いしないことを心配して、この記事に辿り着いたというママもいるのではないでしょうか。

”後追いは親子の愛着関係が築けている証拠”

なんて言われると、愛情不足なのかと不安になってしまいますよね。

そこで、実際に後追いをしなかった子は、どのように育ちどんな子になっているのか。

「後追いしなかった子の体験談と、その後の成長」

について、先輩ママの声を集めました。

5歳女の子のママ

娘は、後追いも人見知りもなく育ちました。

ハイハイはせず歩くのも遅かったので、10か月健診、1歳半健診でも指摘され当時はとても心配しました。

でも、今思えばただマイペースなだけなんですよね。

赤ちゃんの時からあまり手がかからない子で、今でも大人しいほうです。

でも、お友達とは仲良く遊べるし、運動やお遊戯などの活動も大好き。

幼稚園の先生からも問題ないと言われています。

後追いされたらされたで大変なので、「後追いしなくて楽ちん!」くらい前向きに捉えて大丈夫だと思います。

8歳男の子11歳女の子のママ

義理の父母と同居な上、自営業で飲食店をやっているのもあって、赤ちゃんの時から人と関わる機会が多かった我が子たち。

おかげで人見知りしないどころか愛想よく、泣けば誰かが構ってくれたので後追いもほぼありませんでした。

下の子が生まれたときに、長女が赤ちゃん返りでちょっと後追いしたかな?くらい。

なにより助かるのは、誰に預けても平気なところ。

2人とも小学生になってからもコミュニケーション能力が高く、誰とでも仲良くなれます

これからくる思春期がどうなるかなぁと、ちょっと怖くもありますが、今の所手のかからない子たちで平和です。

10歳女の子のママ

娘は家では後追いしなかったのですが、保育園では大変だったみたいです。

朝送って行くときはへっちゃらなのに、30分くらいして私がいないことに気付くと大泣きしていたそうです。

先生の話では、自宅は安心できる場所で、お母さんの姿は見えなくても必ずいる・戻ってくるとわかっているからだと言っていました。

「あれ?知らない場所だ!ママは?」と気づくまでに30分かかるって、どれだけ鈍感なの・・・と思いましたが、

小さいうちから信頼関係ができているんですね、とおっしゃって頂き自信になりました。

赤ちゃんの時から成長が遅めで、今でものんびりやすぎてイライラする時もありますが、この穏やかさも長所だと思って見守っています。

中学生男の子のママ

後追いしなかった息子ですが、私の姿が見えなくなると、ここぞとばかりにイタズラしていました。

私がトイレに入った隙に、ティッシュを全部箱から引っ張りだしたり・・・。

きっと私を追いかけるよりも、イタズラするほうに興味が向いていたんでしょうね。

1歳過ぎて歩くようになると、興味のあるほうにスタスタ行ってしまうので、私が息子を追いかけていたくらいです。

その後も、好奇心旺盛で活発に育っていて、学校ではなんでも積極的に取り組んでいるようです。

幸子
元々手のかからなかった子や、ママ以外への興味が強い子などが多いみたいです。

このように、その後の成長に問題ないことが多い、と頭に入れておくといいかもしれません。

後追いしない以外にも、気になることがある場合

 

後追いに限らず、赤ちゃんの成長過程は、持って生まれた性格や資質が大きく影響するとご紹介しました。

しかし、対人面や情緒面の育ちにくさ愛着形成に関わる問題が、後追いをしない原因になることはあります。

自閉症などの発達障害が心配というママも多いですよね。

ただ注意したいのは、後追いがないだけで、”愛情不足””自閉症”であるとは言い切れない点です。

不安な場合は、まずは赤ちゃんとたっぷりコミュニケーションをとりましょう

コミュニケーションをとることで育まれる信頼感愛着関係は、子どものその後の発育にも大きく影響します。

その上で、後追いしない以外に

  • 視線が合いづらい
  • 触られるのをいやがる
  • 喃語が出ない
  • 笑わない

など気になることがあれば、1人で悩まず専門家に相談してみましょう。

話を聞いてもらうだけでも、不安な気持ちが少し軽くなるかもしれません。

子どもの発達について、主な相談先

  • 小児科
  • 乳幼児健診
  • 子育て支援センター
  • 発達支援センター
  • 児童相談所
  • 地域の保健師さん

母子手帳や地域のお知らせにも、子どもに関する相談先が載っているはずです。

発達のこと以外も相談できるので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

赤ちゃんの後追いについて、特に後追いをしない子について取り上げました。

  • 後追いは、ママの姿が見えなくなると不安になって、泣いたり探し回ったりする行動
  • 6~7か月頃からはじまり、2歳前に自然と終わることが多いが、しない子もいる
  • する子としない子の差は、家庭環境やその子の性格によるところが大きい
  • 後追いのなかった子も、その後問題なく成長している
  • 後追いしない以外にも心配な点がある場合は、小児科や健診で相談を
幸子

子どもにはそれぞれ個性があって発育のペースも違い、育児には正解がないのがママ達を悩ませますよね。

それでも、目の前の我が子としっかり向き合うことが大事なんだと、改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です